水上勉『禅とは何かーーそれは達磨から始まった』


水上勉の『禅とは何かーーそれは達磨から始まった』を読んだ。

達磨から始まって、禅を伝えていった人々の歴史が、ほぼ紀伝体で書かれている。

有名どころだと、臨済、道元、一休、白隠など。

それぞれの禅宗坊主の生き方のユニークさに簡単に触れることができた。

最初の方はとても読みやすかったのだが、江戸時代くらいになってから、急に物語のトーンが落ちたというか、私はつまらなくなってしまった。最初が面白すぎたのかもしれない。

臨済と普化

臨済録に書かれた臨済と普化のやり取りも面白かった。

臨済録を読んでないのでわからないが、おそらく水上勉の紹介の仕方も、一級なのだろうと思う。

 

面白すぎて、家族にも紹介して、それ以来、誰かが何か面白くないことを言うと、

「つまらんことを言うな。このど盗っ人め」

と罵倒し、罵倒された方は、

「ああ、盗っ人、盗っ人」

と返す流れが定着している。

 

また、コメントできない質問などが飛ぶと、

「明日はマックでチキンナゲットがもらえるよ。」

などと返すことになっている。

(三太郎の日だったのである。)

 

おそらく1週間もせずに飽きるが、今のところ面白い。

 

公案について

白隠禅師の公案「富士山を印籠から出し入れできるか」という公案を見つけた。

印籠の内と外の区別さえ入れ替えてしまえば、たいした話ではないように思う。

牢屋に閉じ込められているのか、牢屋の外に閉じ込められているのか、の違いだ。

(なんかこういう話があったような気もする。)

 

何故この本を読んだか

哲学航海日誌という私が一番好きな本の1冊を書いた野矢茂樹先生が禅をしているとの話を、NHKの爆笑問題の日本の学問だかなんだかで昔見たことがあって、いずれ禅についても読んでみようと思ったのだ。

そして、家の法事で知ったが、うちも禅宗だったので、何となく覚えていたのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です