司法修習生のための大分県ガイド(独断と偏見)

司法試験に合格した皆さん、おめでとうございます。そして、これから司法修習に入るみなさん、実のある司法修習になるよう祈念します。 司法修習生に内定した方たちにとって第一の懸案事項は修習先であろうと思います。 積極的に大分を … “司法修習生のための大分県ガイド(独断と偏見)”の続きを読む

読書感想文 森本あんり『不寛容論 アメリカが生んだ「共存」の哲学』新潮選書

森本あんりの『不寛容論 アメリカが生んだ「共存」の哲学』を読んだ。 アメリカが独立する以前の植民地時代に活躍したロジャー・ウィリアムズという筋金入りの変人を中心に、「寛容」を考察している。 日本人は寛容か 私は常々感じて … “読書感想文 森本あんり『不寛容論 アメリカが生んだ「共存」の哲学』新潮選書”の続きを読む

大分市立美術館へ蜷川実花「虚構と現実の間に」展を観にいった感想

大分市立美術館が「虚構と現実の間」という写真展をしていた。 蜷川実花の写真展で、CMでも良く流れていたし、周囲の評判も悪くなかったので、どんなものかと観に行った。 しかも、何と今日が最終日だったそうで、運は良かったと思う … “大分市立美術館へ蜷川実花「虚構と現実の間に」展を観にいった感想”の続きを読む

誤指導での死 何が「善意」なのか?

鹿児島県奄美市の中学生が、誤った指導を受けたことに苦しみ、自ら命を絶った。担任の教師がこの生徒が、別の生徒をいじめたとして、双方の生徒の言い分を十分に聞かずに、厳しい、あるいは、生徒の自尊心を傷つけるような指導をしたこと … “誤指導での死 何が「善意」なのか?”の続きを読む

大分県由布市や由布岳の「由布」の由来

由布について 有名な湯布院温泉は大分県由布市にある。 もとは湯布院町だったが、平成の大合併によって由布市となった。 由布市の名前の由来は、その合併時の一般公募で最多得票だったからだそうだ。 おそらく由布市を見下ろす大分の … “大分県由布市や由布岳の「由布」の由来”の続きを読む